トップページ | 2004年5月 »

2004年4月

2004.04.30

出掛けた後に。

表参道での撮影も無事終了し、ただいま漫画喫茶に入りました。最近我が家のネット環境が停止しておりまして。こんな楽しい場所からお届けします。みなさんは漫画喫茶(以下漫喫)は行きますか?オレは部屋だと集中できないので、右脳を働かせてレビューなどを考えるときは漫喫に行きます。ネットも出来るし。友人は「漫喫でネットをやるのは邪道だ」といいます。「漫喫いくなら漫画読め」と。ま、ときどき骨休めに読むけどね。
僕は漫画は完結していないものは決して読まないと決めています。メンバーのカサギマナブの家にある「あずみ」とかも絶対読みません。「あずみ」はどんどん巻数も増えていき、読むのが大変なので、ある意味早く終われとも思います。漫画は一気に読んでこその物語。一気に聞いてこそのアルバム。おっ、つながった。音楽音楽。
そ、そ、で、撮影なんだけど、いつもお世話になってますスーパーカメラレイディ中野江美さんと、美容室Nepenjiのハイパースタイリスト大野さん、そしてCobaちゃんの協力のもと、ミワのアートワールドが繰り広げられ、僕とマナブは気が付いたら水兵さんの格好に。「水兵はやっぱりフェミニンだよね。男社会だし。逃げ場がないし。」と、僕と大野さんの偏見トークも絶好調。フェミニン水兵鋼志の完成です。恒例のマナブ2次元ワールドも健在。今回の撮影でお気に入りの笑顔を覚えたらしく、「この顔。この顔でこれからずっといく。」「この顔でもう一回撮る。」「オレの携帯はカメラがないからおまえの携帯でオレのこの笑顔を撮れしねぇ?」など言いたい放題。
こりゃぁ今回も「やばしねぇ?」なハガキが出来上がりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出掛ける前に

出掛ける前なので箇条書き。
昨日は恵比寿で音作りをしました。やっぱり終電でした。
ゴールデンウィークの休みは曲間の構成やらに費やします。
今日は早起きして自転車に乗りました。あたたかいですね。
おとといあたりから「悪意」という小説を読みかえし始めました。やっぱりこえー。
今日は夢に深津絵里がでてきました。
なんで突然夢にでてくるんだろう? 好きになってしまいます。

では、これから表参道のスタジオへ撮影に行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.28

ココロリンク

みなさんご機嫌いかがですか?
もうすぐゴールデンウィークですね!? みなさんはどこか行かれるの? 今週は、気分が浮かれて仕事が手に付かない方も多いんじゃないかしら?
私たちは、レコーディングと撮影で大忙しのGWになりそうですよ☆ 胸を張ってみなさんにご紹介できる作品になるように、精一杯ガンバリマス! その模様もご報告していきますので、みなさんお楽しみにねっ☆ 
最近このココログでご紹介させてもらっている、ミスゴブリンのスペシャル・スタッフの方々☆ 衣装・ヘアメイク・小道具・イラストなどなど、素晴らしい作品を創ってくれるみんなは、現在も正木鋼志が所属する劇団「アコカ」で、大学の頃に知り合った友人や、私の学生時代の友人なんですよ☆ 卒業してしまうと仲が良かった友人にも、なかなか会う機会がなくなってしまいますが、お陰様でミスゴブリンを通して、今も一緒に作品を創ったり色々協力してもらったりしています。
それに、レビュー等のお知らせで、必ず2〜3ヶ月に一度はDMを出すことになりますから、会わなくても私から一方的に(強制的に)近況報告をしていることになってしまうんです☆ (あっ、ちなみに、みなさんにお送りしているDMにも、必ずお一人ずつ少しですがコメントを書くように心がけていますから。ぜひご応募くださいまし☆ 無料です。→こちらへ
どんな世界でもきっと、人と人との繋がりなんだと思いますが、ミスゴブリンの場合は特に、たくさんの人にあたたかい気持ちで支えられ、育てられているバンドなんだと思っています。それは、スタッフだけではなくもちろん応援してくれている皆さんがいるこらこそ☆ このココログを始めて、つくづくそう感じています。そんな感謝を胸に、もっともっと良い歌や作品を創って、みなさんに喜んでもらいたい! こんな強い志で、レコーディングに望みたいと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.27

ライブのスーツを新調!

今日は衣装合わせ。6月のクワトロ用のニュースーツだ。いかした色だ。詳細はまだ秘密にしておこう。
以前ミワが書いた、衣装の宮川が途中段階のモノを持ってやってきた。いらっしゃい。
久しぶりだったので、近況を語り合いつつ試着へ。僕の場合は人一倍動きが激しいので、無理に色々な格好をして、きついところなどをチェック。神経質なくらいチェック。俺ひどいなぁと思いつつ「ここがきつい、あれが短い」などあれこれ注文をする。楽しそうに笑いながら快諾してくれる宮川。ありがとう。
今回はミワもズボンを作った。デザインだけにとどまらず、ついに裁縫にまで手を出した。あ、前からか。俺やマナブには真似できない。祭り縫えないし。
ミスゴブリンは三者三様。それぞれがしっかりそれぞれにしかできない分野がある。うまく出来ていると思う。
外はびゅうびゅう台風。もうすぐ夏がやってくるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.26

疲れていても

 昨日は恵比寿のスタジオでした。終電でした。しかし、疲れて帰って、すぐ寝りゃいいのに、なぜかソファでぐったりしながらだらだらマンガとか読んじゃう。
 こういう時、僕はマンガが一番好きなのかなあと思う。疲れてる時でも読んじゃうなんて。今から映画を見る気はしないし、もちろん音楽なんて。あたりさわりなく流せるものしか聞きたくない。本でもいいけど、やっぱりマンガがいいかなあ。
 といっても、マニアほどでは全然ないので、突っ込まれると困ります。少年マンガが好きです。あんまりアートなのは最近は分からないです。ひとりで漫画喫茶へ行って「おれは鉄平」を全部読もうとしたことがあるけど、なんとなく落ち着かず、挫折しました。もちろん本屋の立ち読みも落ち着かない。友達に借りたのを家でぐったりしながら読むのがよいのです。そうすると「まだ大丈夫」と思うのです。

カサギマナブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.24

ドラマー☆

ミスゴブリン・愛のサポート第4弾☆
今日は、スタッフ紹介から少し視点を変えまして、ミスゴブリン・ライブサポートメンバー、ドラムス部門をご紹介しましょう。こちらの部門もかなり優秀ですね。どちらかというとメンバー本人たちよりも全然優秀です(笑)。
99年から3年半、ミスゴブリンのドラムスとして活躍してくれたのは石原浩治氏。彼の素晴らしい演奏を聴きに来てくれている方もきっと多かったはずです。あの笑顔に元気づけられた人も多かったんじゃないかしら。現在は、「ヒルタナユミと魅惑の東京サロン」等のバンドで大活躍中です☆

そして、昨年11月のレビューから、ミスゴブリンのリズム体を華麗に支えてくれているのは、ギャグにも冴えてる高林カツミ氏。通称、たかぴょん☆ 何とドラムチャンピオンに輝く実績をお持ちのスペシャリストなんです☆ いい響きですね、チャンピオ〜ン☆ ね! でも決して栄光に自惚れることもなく、謙虚な素晴らしいお人柄です。その証拠に、いつもリハーサルの時は必ず果物屋さんでみかんを買ってきてくれるの。「ビタミンCやで」とか言って(笑)
リハーサルでは、曲の演奏よりも小芝居に時間がかかってしまうんですけど、そんな私たちにも呆れずにじっくり楽しんで付き合ってくれます。
彼の素晴らしい技量と人柄なくしては、ミスゴブリンのレビューも成り立ちません。
今度レビューにお越しいただけたら、私たちと一緒にぜひ彼のリズムに乗ってみてくださいね☆

もうすぐ、レコーディングが始まります。
きっと彼のリズムで、みんな乗りに乗ってしまうことでしょう☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.23

プロモーションビデオ!

今日は昼間の12時からプロモーションビデオ(PV)の打ち合わせ。
話がもっと進んだら告知しますが、監督はPV界のスーパービッグネーム!!
゛こんな昼間からの打ち合わせはあまりないので頭が回ってない゛と、苦笑いをしながらも、出るわ出るわ構想の渦。さすがプロの仕事。
ライブでの楽しいレビューを、ミスゴブリンの世界を、どんな映像マジックがとびだすのか!
これは期待大ですなっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.22

レコーディング

 そろそろ本格的なレコーディングにはいります。できる範囲、日記のなかでうまくレポートできたら、とも思っています。今日はスケジュール調整をしてきました。その後恵比須ガーデンプレイスの近くの「玉笑」でそばを食べて帰りました。

 うちへ帰ってから、エルビスとエディ・コクランとストレイキャッツを聞きました。ロカビリーな夜で。そんなジャンルについて今日話をしたので聞きたくなったのです。
 でも今はこれを書きながら、「OUT OF OUR HEADS」を聞いてます。不良のR&B! やっぱりこのころのストーンズはいいなあ。僕はベロのロゴは知らないんだよ。
 
カサギマナブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.20

美人画

ミスゴブリン・愛のスタッフ第三弾☆
本日は、ミスゴブリンにはこれまた欠かせない、ヘアメイク・アーティストをご紹介しましょう☆
ミスゴブリン結成当初から数えると、たくさんのヘアメイクさんに、色んな顔を描いてきていただきました。
“ヘアメイク”というと、アーティストぶって偉そうな感じに聞こえる方もいらっしゃると思いますが、そんなことは全然ないんですよ。顔も衣装を着るのと同じ事です。私にはそれくらい重要な事☆ 何故って?…ご想像にお任せします(笑)
そんな美人画がお得意な現在のヘアメイクさんは、Nipenjiという美容室の方々☆ 彼らの腕一つで、「ミワさんかわい〜」とか、「ミワちゃんキレ〜イ」とか、騙されて言ってくれる方もたまにいるんです(笑)
彼らの腕にかかったら、いまいち自分に自身がない乙女だって大変身! のはず。 メイクとか、髪型ってそういうものですよね、気分転換にもなるくらいですから。 この頃憂鬱だったり気分が晴れない方には、そんな気分転換もいかがかしら!? いつもはつけていないマスカラをつけてみるとか、ちょっとしたことでも新しい気持ちになれるんじゃないかしら!?
なんか、雑誌の折り込みセールスみたいになってきましたが、でも本当よ。(あっ、でも気を付けてね。甘い誘いと高額な商品には、、、) 
結局、自信があれば気持ちにゆとりができるし、明るい気持ちであれば笑顔にもなる。ヘアメイクはそんなきかっけの一つなんですね、きっと☆
ですから私も、そんなヘアメイクの魔法が欠かせないんです☆
みなさんもぜひいつもと違った髪型で、初夏の街を歩いてみては!? 

ミワ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

~社長行状記~

今「社長行状記」という1966年の森繁ひさや(漢字が出せませんすいません)さんの映画を見ています。
うーん、面白い。
とにかく「いんちきフランス人女大好き社長」?を演じているフランキー堺の適当な演技がとても楽しい。彼の演技は他の作品でも目が離せません。適当で。更に森繁ひさやさん扮する社長を始め、それをとりまく専務や課長、部長、支店長(いたっけ?)たちがなんだかいい感じ。この頃の雰囲気はきっと今は再現不可能でしょうね。植木等もそうですが、この時代のサラリーマン映画は大好きです。面白い。すごいっす。なんか、課長がデスクに座ってメガネかけて鼻の下にヒゲ生やして「こまったなぁ。」とか言ってるだけで笑える。すごい時代だ。こういうおもしろいおじさんたちを見ていると歳をとるのが楽しみになったりしてね。
最近ミスゴブリンをとりまく物や人は、映画も音楽も、昭和をどんどんさかのぼる。白黒が苦手で新製品が大好きな僕だけど、面白いものだってあるんだ。きっとこれからもっと色んな昭和を好きになるね。
あぁ、森繁ひさや社長が女性のスカートを覗こうとしている。やばい、面白い。その顔が、機敏な動きがおもしろい。
今夜はこの辺で。


正木鋼志

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.19

友達のバンドを見てきた

 今日は以前ミスゴブリンのイベントに出てもらったスカーフ*カーというバンドのライブを見に行ってきた。バイオリンやアコーディオンがいて、和だったりケルトっぽかったりするバンドなんだけど、素晴らしかった!すごくいいライブだった。久々に見てびっくりしました。
 裏でねだればもらえたかもしれないCDもそんな卑怯なことも思いつかず、堂々と買いました。家へ帰ってから聞いたら音がいたずらにモコモコしすぎていて、「?」と思ったので、ステレオの高音部分をアップする等、特別扱いで聞いています。そこまでしてちゃんとして聞きたい曲でした。残念なのは今日で活動休止とのこと。
 他の出演者は元たまの滝本晃司さんで、こちらはMCも含めてのんびり楽しかったです。そんなとてもゆったり刺激になった日曜日でした。

カサギマナブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.17

衣装☆

みなさんご機嫌いかがですか?
だいぶ日差しが強くなってきましたね☆
今日なんて夏を感じる暖かさですものね。

さてさて今日も、前回に引き続きまして、ミスゴブリンの裏舞台で大活躍してくれている素晴らしい芸術家を紹介したいと思います☆
最近のレビューにお越しいただいた方は、もうお気付きかもしれませんね。そう、あのスーツです☆
カサギさんと鋼志さんがステージでお揃いで着ている、あの昔っぽいデザインのスーツ!
そんなお洒落なスーツや、私のド派手な早替え用衣装などを作ってくれているのは、いつも夢を忘れない宮川智美さん☆ 私が作れないちゃんとした衣装は、彼女が見事に作ってくれます。それに、痩せたり太ったりしてサイズを直したいというわがままなお願いにも、嫌な顔一つ見せず笑顔で引き受けてくれる、とっても優しい彼女。
ただ彼女も派手好きなので、私と二人で調子に乗ると、派手の限界が見えなくなってしまうことも…
(あっ、ちなみにカサギさんの衣装のフリフリは、彼女ではなく私の責任です☆ でも素敵よね!?)

次回レビューに向けて、現在、新しいスーツを製作中です!!
どうぞお楽しみにっ☆

ミスゴブリンのステージでは注目をいただいている衣装部門。ミスゴブリン結成当初から3枚目のシングル「窓辺に花を」のジャケット撮影までは、スタイリストの菊池ヒトシさんが担当してくれていました。今では売れっ子で大忙しの彼に次いで、私がどうにか衣装をやっているのですが、頼りない私の実力を影から色んな方々に支えてもらっています。そんなスペシャリストたちをまた改めてご紹介しまね☆

衣装でも、やってみたいことはまだまだたくさんあります☆ 
今後もミスゴブリンから目が離せないっ!! ねっ☆

ミワ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.16

え?!金持ち優先?!危うし!みんなの木下大サーカス!! 後編

こんにちは。一度書いたら引き返せない。サーカス正木です。
そう、入り口付近には小象が二匹いて、隣に並んで一緒に写真が撮れるコーナーができていました。もちろん長蛇の列。一枚500円でポラロイド写真を「木下大サーカス」と書いてある台紙と一緒にくれるという。安いんだか高いんだか。ジャングル育ちでもない私は象触りたさに一枚。ぱしゃ。そばに監視員としてアラブ系の方が暴れないように監視。それはいいんだけど、しっかり写真に入ってたりして。
さて、肝心のサーカスはというと、一番安いチケットだったため、席はステージの横より後ろ。正面から200度位のポジションでした。そりゃしょうがないよね。正面の人は高額なチケットを買ってるんだもんね。
でも私が一番楽しみだったピエロはほとんど客席正面に向かってアピールしてるし、そうなると正面は盛り上がり、こっちのエリアはやっぱり寂しい。こういうのってなんでもそうなんだろうけど、今度はがんばってS席に座ろうと思った私でした。
ところでやはり動物が出ると盛り上がるね。人より動物楽しみにしてる人のほうが多いのね。俺がびっくりしたのは、ステージの両サイドに天井まで届く高~いはしごがあるんだけど、そこを上る人の早さ。猿かと思うくらいすごい速さで梯子を上っていくのです。次の出番のために、前の出し物をやってる最中に暗い中だぁ~っと上るの。はやいはやい。
私の初めてのサーカス体験は、まともな席ではなかったけれど、レアな角度で物が見えたのでした。

あ、ミスゴブリンについて何も書いていない。
反省は次回に生かそう。
ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あるショーの話

 日本の流行歌を演奏しているほどに、特に自分が生まれてない昭和の時代に興味があるので、本屋に行くとそんな本にいつも引っ掛かる。
 ちょっと前「カストリ時代/レンズが見た昭和20年代・東京」なんて文庫サイズの写真集を買った。
 焼跡・闇市から、吉原の客引き、後楽園のサーカス、浅草の女相撲、新宿の額縁ショーなど興味深い写真と解説がいっぱいで、すごくおもしろい。酒場ルパンの太宰治、織田作之助の写真などは、やっぱり自分の知らないロマンがあるようでとってもドキドキする。

 隅田川で船の上で暮らす家族など、水上生活者のコーナーで、「遊ぶ姉妹」という子供の写真があって、それが一番好きになった。なぜって、その女の子があんまり可愛かったから。
 「オレはロリコンだったのか!」と思うほどにメロメロ。
 このページをメンバーやみんなに見せてまわった。「この子可愛いしない?」って。あきれられました。

 あと、ショーの写真がいっぱいあるページで、歌手の二葉あき子さんの話が面白かった。
その解説をちょっと書きます。
この本の作者、林忠彦さんが、猛烈な雪の日で電車もタクシーもストップだった日、なんとか走って二葉あき子さんの約束の時間に間に合わせた。彼女は感激して、ステージの上から、「今夜は林さんが私の主賓。林さんのリクエストに応えて何でも歌います」。彼は何曲か注文して、最後に「夜のプラットホーム」をリクエストした。すると、「これはいくら、林さんでも、今日のような日には歌えません。これを歌うと私は涙が出る。今日のようなうれしい日には涙の出る歌はおことわりしたいのです」と言ったという話。
 …どーだ。いいでしょー。僕が大好きなタイプの話でした。

カサギマナブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.14

こだわり

pipe.gif

みなさん、こんばんは☆ ご機嫌いかがですか?
今日は、ミスゴブリンの“こだわり”の一部をみなさんにこっそりご紹介したいと思います☆
もうお気付きの方もいらっしゃると思いますが、ミスゴブリンのレビューやフライヤーの衣装、アクセサリー、小道具などなど、すべてがオリジナルだって、みなさんご存じでしたか?
楽曲へのこだわりはもちろんですが、よーく見てみるとものすごく細かいところまで丁寧にデザインされていたり、どれ一つとってみても、既製品では生み出せないミスゴブリンならではの世界があるんですよ☆

一度に全部はご紹介できないので、少しづつご紹介していきたいと思います。
まず始めに今日は、最近のレビューで話題の“小道具”をご紹介します☆
え〜、こちらの写真、レビュー中の寸劇シーンです。このシーンの鋼志さんの役は、“社長”。 その社長が手に持っているのは、どこからどう見ても“パイプ”ですね。 普通より少々大きめですので、茶碗と言う方もたまにいらっしゃるようですが、とんでもないですね。 “パイプ”です。
これがすごいんです。ちゃんと煙までで出るんですよ。素敵でしょ☆
こんな素敵な小道具を作ってくれているのは、ミスゴブリン結成以前からの付き合いのぺーさん(藤井純子)☆
私たちの思いつきでわがままを言っても、それを上回るものを作って驚かせてくれるぺーさん。
素晴らしい作品をたくさん創ってくれるのですが、それだけでなく、私たちメンバーの心まで和ませてくれるとっても素晴らしいお人柄です。(褒めすぎかしら… いや、そんなことないわ)
そんな人たちがミスゴブリンにはたくさんいるんです。…私たちって幸せですね☆
まだみなさんにはご紹介していなかったミスゴブリンの重要な一部分を、これからもこっそりご紹介していきますね☆
お楽しみにっ☆

音楽も、芝居も、踊りも、小道具も、衣装も、ヘアメイクも、デザインも、ぜ〜んぶで“ミスゴブリン”なんです。 …いつからこんなことになってしまったんでしょ。お客さんが驚いて喜んでくれる姿を見ているうちに、調子に乗っちゃったのね、きっと(笑)

もちろんメンバーだけの力ではなく、まわりの才能豊かな制作者たちが支えてくれているからこそ☆
ここまで来てしまったからには、とことんどこまでも!そんな素晴らしい芸術家たちを道連れに、美しさや面白さに拘ってミスゴブリン・ワールドを展開していきたいと思います。
ぜひ次にレビューにお越しになる時には、色んな視点で面白さを見つけてみてくださいね☆

ミワ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

え?!金持ち優先?!危うし!みんなの木下大サーカス!! 前編

2004年3月某日。昼。
「な、なんだ、このテントは・・・!!」
なんつってそんなには驚かなかったけど、テントだ。サーカスの。
私はもっとボロイやつを想像していたので正直少し拍子抜けした。
今時のテントは杭とかじゃないのね。いや、前も知らないけど。その辺のプレハブより信用できるような、しっかりした素材のスーパービニールがなんだかしっかり地面にセッティングされていた。
・・・わかる?
しかし驚いたのはその人ごみ。平日だというのにものすごい混雑振り。サーカスをなめくさっていた。いや、木下だ。木下がすごいのだ、なんてったって大サーカス。木下大サーカスなのだから。
子供は泣くわ、母親は怒るわ、親父は肩車するわ、子供は泣き止むわでてんてこまい。行列は当日券・前売り券で分けられる始末。さながら「ブレイドの最終回は舞台だぞ!」的な。あ、仮面ライダーね。行列にげんなりしている私の目に、いや鼻に、獣の香りが飛び込んできた。でたぁー、象だ。本番前に象。外に二匹も。なぜだ!なぜなんだ!?
次週 【 え?!金持ち優先?!危うし!みんなの木下大サーカス!! その② 】
気にならなくても~、ロックオン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.13

交友関係

 昨日の日曜日は、吉祥寺で高校時代の友人の男3人で遊んできた。楽しく昔話しやら近況の話をした。「いせや」という井の頭公園の入り口にある店なのだが、「タンサン」という飲み物があって後半は僕はそればっかり飲んでました。こんな会があるのはやっぱり楽しい。
 中学からも高校からも、今だにつきあってる友達がいるのだけど、学生時代から結構長く働いてた会社の友達はもう全然会ってない。長くいたし、いた頃はほんと楽しかったんだけどね。あ、でも最近のおすすめミステリ情報をメールしあう友達はいるな。そうだはやく「幻夜」読まなきゃ。
 逆にその後いくつかやった単発の派遣仕事で知り合った友達はいまだに仲がよくて遊んだりもしている。不思議ですね。

 ある時期は濃密に付き合ってたけど、段々と疎遠になる寂しさもある。
 そのうち、鋼志も書くと思うけど、僕は小劇場界にも身を置いていたことがある。いまはほとんど見に行かなくなったけど、その時期はその世界に本当に友達や知り合いが多かったので、毎週のように芝居を見ていたかも。下北沢を歩いてれば、誰かしら知り合いに会ってたような気もする。仲間も近所にいたし。「友達なんかいらない」「つるむのはあんまり好きじゃない」というポーズをわざととった頃もあったけど、多分嘘。ほんとに楽しい時期でした。
 疎遠になってしまったけど、あれだけ楽しかったしなあと、またそんな寂しさを少し持ってるのも、切なくていいなあと思うのです。

カサギマナブ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.12

さくら☆

今年の桜は、例年より長く咲いてくれていましたね☆
みなさんは、桜、堪能しましたか?
先週、桜吹雪の中、ミスゴブリンとスタッフ、そして高浪敬太郎さんで千鳥が淵の夜桜を満喫しました。
ビル街ということもあって、まわりはスーツ姿のサラリーマンの方ばかり。それがね、よーく見ると隣の隣の島は、何と私の母校の先生方ではないですかっ。。。 みんなお元気そうで何より☆ だいぶあちらも盛り上がっているようでしたが。。 高校時代には、怖く感じた先生も、今こうしてみると、一生懸命頑張るサラリーマンのひとりなんですね。今だったらもっと、飲みに行って色んな話をしたり、仲良くなれる気がします。…あの頃は、自分のことで精一杯でしたからね。今もそうだけど(笑)。 先生の立場や気持ちなんて考えれなかったもの。 ね!?みんなもそうだったでしょ!?騒いで先生にチョーク投げられたり、ねっ、みんなもしたでしょ??
……ね〜。歳を重ねるっているのは素晴らしいことです。周りの迷惑や人の気持ちも考えるようになるんですから。
ですから、歳をとることを恐れてはいけません!なんて自分に言い聞かせてみたり。いや本当に。
随分、先生方ともご無沙汰してしまっているので、今年の学祭には久々に遊びに行きたいものです。

ミスゴブリンのお花見は、今後のレコーディングや撮影、レビューのことをじっくりと、桜吹雪とお酒を浴びながら、楽しく話し合いました。ちなみに私はお酒を飲まなくなったので(そう、この私が。昔はたくさんいただき過ぎました)、美しい桜と楽しい宴に酔い酔いの夜でした。

あんなに美しくてみんなをお祭り気分にさせてくれる桜たちも、たった一週間だけの花を咲かせるために、一年もの間、地味に黙々と日常と戦っているんですものね。 美しく華やかに見える影には、どんなものにだってひたすらな努力があるんですね。 …な〜んてまた自分に言い聞かせたりしちゃって。。
…私も次のレビューに向けて頑張ります☆

日本列島の桜のみなさん、また来年も素敵な姿を見せて、日本中を喜ばせてくださいね。

今日はしみじみと、桜の宴をお送りしました★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.11

ブ男ブ女は外見だけじゃないんだよ。

23時30分。JR根岸線。
「な、なんだこの車両は・・・!!」
呆然として立ちすくむ私を鼻で笑うかのような音を出して電車の扉は、・・・閉まった。


今夜は珍しく仕事が長引き帰りが遅くなった。にもかかわらず東海道線が人身事故で遅れ、やむを得ず回り道で根岸線に乗ることにしたのだった。メールをしている私の前に電車が滑り込んでくる。これで終電までには帰れる。メールを送信しながら電車に乗りこみ、携帯を閉じて顔を上げた。
左斜め前に男女が二人座っていた。男の後頭部が女の顔の前にあって二人の顔が見えない。
「なんだチュウしてんのか。」
「・・・・・。」
「!!!」
「ちゅぅう?!!」
(全て私の頭の中で)
そいつらは電車の中でこともあろうにキスをしていたのだ。
いやいやいや。
いやいやキミ達。
私は二人を避けて扉の右側に座ろうとする。
「!!!」
男と女が抱き合っていた。目をつむって。
いやいやいや。
キミ達いやいや。
そこシルバーシートだし。
がらがらだからいいか。いや関係ないない。
そう、がらがら。
この車両には、チュウペアーとハグペアー、そして仕事に疲れた私。
のみ。
ぽつん。
がたんがたん・・・。
なんだ。なんだここは。
なんとか喫茶か。
お互い意識してんのか。ますます燃えるか。
・・・・・。
言うぞ。私は思いきって言うぞ。
「人前で回りも気にせず愛を語らう日本人は9割以上がブサイクカップルだ。」
やめろ、その慣れない不自然な肩に回した手をやめろ。
近い近い。互いの顔がそこはかとなく近い。
落ちる落ちる。ディズニーランドの袋からミッキーの帽子が落ちる。
・・・ふっ。言ってやったぜ。

只今、皆さんからの苦情・賛同を受け付けております。

今週予定していた
【 え?!金持ち優先?!危うし!みんなの木下大サーカス!! 】
はお休みです。
次回をおたのしみに!
皆のココロにゴブリング!!

                                                              正木鋼志

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.09

遊ぶ大人を支持!

 以前から、いい歳してめちゃめちゃだったり、いい歳してただ楽しそうな人間が好きだ。
 働いてるんだか遊んでるんだかよくわからない大人。例えばルパン三世。京極堂とその周辺。西原理恵子とか桜玉吉。
昨日も音楽の本を読んでいて「ラウンジ音楽とは、父ではなく独身の叔父に教えてもらう音楽なのだ」なんて解説に「ふむ、わかるわかるよお」などと頷いているオレさ。
 まあ、自分も笑いシワがあるほどの人間なので、いい歳のそんな人間になりつつあるのは自覚してるのだが、よく考えれば、大泥棒でもないし憑物落としでもないので、最近はそうも言ってられない状況であるなあ、と一抹の不安は隠せないのも正直な心境だ。小心者なのです。よーするにダメなのか?と死にたくなる夜もある。
 なのだけど、最近の話題が、木下サーカスやら花見やら、バカみたいな人がまわりにいるので「それでも良いのかものう」と気楽になってしまい「ま、コーヒーでも飲むかね」と一件落着する自分もいる。
 いつものように今日も深夜コーヒーを飲んでたら、とってもいいタイトルが浮かんだので、歌詞を書きました。それは、
 「高校時代」。
……「高校三年生」と「学生時代」を足したようなイメージです(そのまんま)。
 曲をつけてそのうち発表できたらなあ、と思いました。

カサギマナブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.08

ゴブリング!

こんばんは。『皆のココロにゴブリング!!』の お時間がやって参りました。
今宵、みなさんいかがお過ごしですか?
わたくし、ミスゴブリン・ヴォーカルをつとめます、“ミワ”でございます。
今宵もあなたとファイヤァワイヤァ・・・!!
さて、今夜のテーマは、前回に引き続きまして、
『え?!金持ち優先?!危うし!みんなの木下大サーカス!!』

……… 鋼志さ〜ん。あの〜、ヘンなお台出すのやめてくださいよぉ。。
困っちゃうじゃないですか。もぉ。。。 とは言え、随分調子に乗っちゃいましたがっ(笑)

みんなチェックしてくれてるかしら?
ついこの間始まったばかりの「ココログ・ミスゴブリン」!
こんな感じで、ミスゴブリンのメンバーの素顔を直にお届けしていくことになりました。
私なんかは特に、ライブや公式ホームページ等でも、今まで素をお見せすることはありませんでしたから、これはとってもいい機会だと、ワクワクしています☆
ミスゴブリンの現場情報やライブの裏話などなど、お話ししたいことや紹介したいこと、相談したいこともたくさんあります。もちろん私自身のことも。それで、ちょっとでも私たちを知ってくれて、お友達になってくれたら本当に嬉しい限りです☆

最近、私、着物生活を始めたんですよ☆ 小さい頃から和ものが大好きでね、今になってやっとという感じなんですけど。ライブでも、着物で来てくれるお客様がいて、ホントに素敵でね、、、私の方が影響されちゃいました☆ やらねば!ってね。背中を押してくれたのはそんなみんなのお陰です。
え〜、外見ばかりではなく、心も和やかに、そして雅やかに、、、ね。そうありたいものです。
…ガンバリマス!

次回、【 着物で素敵に!千鳥が淵サクラの夕べ☆ 】
おたのしみに!
皆のココロにゴブリングっ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.07

きたぁー!!こころぐ!!

レディースアーンドジェントルメーン!
ココログファンのみなさん。ミスゴブリンという陽気な音楽ユニットの陽気なパフォーマンス担当の正木鋼志というものです。コウシで結構です。
さて、これを読んでいる皆様はさぞ、ウェブだのログだのトラックバックだのパソコンだのメールだの、こなれている方ばっかりだと思います。私はそういうことに「とんとうとい」部類の人間だ。こまったぞ。でも最近職業柄、ノートパソコンを持っていた方が良いと思い(書き物が多い)、某大手電気店で働いている友人を介して、CPUだのFIREWIREだのを勉強中。ちょっとは知識が増えてきた。ような気がする。かんけーないけどFIREWIREって知ってる?え?しらないのぉ?FIREWIREっていうのはね、、、・・・良い名前だよね。かっこいいよね。FIREWIRE。映画の予告の声みたいに言うとさらにかっこ良さ倍増。・・・・ファイヤァワイヤァ・・・!
以上、ファイヤァワイヤァ論でした。

みんなはあれですか?ライブハウスとかは行く方ですか?コンサートですか?家で1人聞く派ですか?行けませんよぉ。その派は。ライブって結構楽しいんだぜ。思いきっていってみるといいよ!
僕はこの前思いきって木下大サーカスに行って来ました。サーカス。いいひびきだなぁ。わくわくするなぁ。僕の記念すべき初サーカスは、とっても刺激的!!思いきってサーカスに行ってみるとどういう体験が待っているか!

次回、【 え?!金持ち優先?!危うし!みんなの木下大サーカス!! 】
おたのしみに!
皆のココロにゴブリング!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.06

自己紹介

さて、メンバー3人で日記のような記事を書いて行こうということになりました。
初日に書くのは、私リーダーのカサギマナブです。

 僕はライブでは、ギター弾いたり、コーラス等をやっています。最近はカヴァー曲が多いのですが、作詞作曲もやります。最近はあんまり何の担当かは決まってない。
 ミスゴブリンは現在、「お富さん」「有楽町で逢いましょう」等の昔の流行歌を歌う、というコンセプトがありまして、高浪敬太郎氏を迎えて作業しております。そしてライブは「レビュー」と銘打ち曲の合間には小芝居等もやる、なんてバンドとしては少々邪道な僕らですが、なにか興味を持ってくれたら幸いです。

 さて僕は小中学生の頃に映画が大好きだったので、主に80年代の映画が好きです。近頃のよりも、その頃やそれ以前の映画を愛しています。そんな話をチョコチョコしていけたらなと。今になって冷静に見ると?な「アウトサイダー」とか「フットルース」とか。
 あと最近は高浪氏にビデオを借りたりして、昔の邦画にもはまっています。レンタルで順に「仁義なき戦い」などを借りてる。この前見た第2作目で、文太さん達がキャバレーで密談してるその店でかかってる音楽が「お富さん」だったので、なんだか焦りました。密談の内容を聞きそびれ、巻き戻しました。
 では、今日はこんなところで。

カサギマナブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.05

初めまして、ミスゴブリンです☆

みなさん、初めまして☆
この度、ココログの仲間入りをさせていただきます、“ミスゴブリン(MissGoblin)”というバンドです。
どうぞよろしくお願い致します。

 簡単に紹介させていただきますと、メンバーは、私ミワとカサギマナブ、正木鋼志の三人です。現在プロデュースに元ピチカートファイヴの高浪敬太郎氏をお招きして、ミスゴブリン・ワールドを形成中です。色々知っていただきたいことは、たくさんありますが、このココログで少しづつ、公式ホームページやいつものライブではなかなかお見せできない私たちの素顔を、本音を交えて、みなさんとコミュニケションの場にしていきたいと思っています。もちろん私たちをご存じでない方も、このココログでぜひお友達になって、そしてぜひミスゴブリンの音楽にも接してもらえたら…なんて思っている次第でございます。と、まだこのように、なかなか気軽にお話ができない現段階の私たちも、少しづつ自分の殻を破り捨てて、素顔で会話ができるように回を重ねていきたいと思います。ですからぜひ、みなさんも、私たちの会話にぜひ気軽に参加してみてくださいね。よろしくお願いします!

 このココログ・ミスゴブリンでは、ライブやリリース、オンエアなどの最新情報をいち早くお知らせします。そして、このココログ限定で、ライブの先行予約・特典・プレゼントなどもたくさんご用意しますので、ぜひ遊びにいらしてくださいね☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年5月 »